専門学校を選ぶべき理由

税理士として働くにはいくつかの手段がありますが、一般的な方法は、年に1度行われている税理士試験に合格し、税理士資格を取得することです。受験資格は、大学で法律学か経済学を学んでいるか、司法試験や公認会計士試験に合格していることなど、比較的厳しい条件が設けられているにもかかわらず、例年、合格率はわずか15パーセント程度と、非常に難易度の高い試験としても知られています。勉強が必要な範囲も膨大で、短い人でも2,500時間、2~3年以上の勉強時間の確保が必要です。

また、なかには独学で試験に合格する人もありますが、範囲をすべてカバーするのが難しいことと、モチベーションを保ちながら自学自習を進めるのが困難なことから、専門学校を利用して対策をする受験生が多いです。税理士試験の勉強は、長い人なら10年近くという、非常に長い闘いになります。定期的に学校まで足を運び、講師と対面式の講義を受けることで、勉強の習慣をつけられるということは最大の利点です。同じ境遇の仲間と一緒に勉強ができるというのも、連帯感とライバル意識がよい刺激になります。専門学校は、長期間の学習であっても、やる気を失わずに勉強が続けられる環境が整っているのです。

さらに、わからないことがあっても、経験豊富な講師がいるためすぐに質問することができるため、理解があいまいなまま試験を迎えるという心配がありません。当サイトでは、税理士を目指す方のために、資格取得に向けた専門学校の選び方をご紹介いたします。自分に合った、優秀な専門学校を見つけて、税理士試験合格に近づきましょう。


Comments are closed here.